OWLの飼育箱 大きなバイクにカメラを積んで、小さな旅を楽しむブログです。

天川村



またいつか行きたいと思っていた奈良県の天川村へ出掛けてみた。




昔は山深く遠い地のように思えたこの村への道程も、今はすっかり便利になったものです。
高速メインのルートで南阪奈道⇨京奈和道を経由すれば1時間+αで訪れる事ができる。

今回の往路は京奈和道の五條北ICから国道309号線を経由する最短ルートにして
帰路は県道49号線から国道168号を経由して京奈和道の五條ICに乗るルートを選択。
走行距離にして往復250kmくらいの日帰りツーリングです。






a0300829_20243184.jpg





途中、ルートを少し外れて荒れた路面の山道に分入ってみた。
デゥオレバーとパラレバー+ESAの組合せは常にフラットな乗り心地。
路面の凸凹を柔らかく吸収し、K1600GTはスイスイ走る。
ジェットボートで海面突っ切ってを進む様な感覚が気持ち良い。
GS やADVには及ばないけれど、ツアラーとしての懐の広さがこのバイクの魅力だと思う。






a0300829_20290894.jpg





a0300829_20252510.jpg





しかし…
約20ぶりに訪れた天川村は、GWの行楽日和で人が多く自分には残念な結果でした。
食事処が少なくて、昼食を求めて立ち寄った洞川温泉も観光客が多くてパスしてしまった。
そして観光スポットの「みたらい渓谷」は細い山道で4輪車が相次いでスタックしてしまい断念。
鄙びた山村の雰囲気を味わうには平日に訪れるのが良いのかもしれない。






a0300829_21160357.jpg





a0300829_20262614.jpg





a0300829_20280754.jpg






帰路の県道49号線では、ちょっと嬉しい出来事があった。
小さな集落の脇道にバイクを停めて休んでいると、農作業を終えた老婦人が声をかけてきた。
(写真の右上にぼんやりと写り込んでいる人影がそうです)

殆どの車が通過するだけの集落に珍しい単車が停まったのが嬉しかったようだ。
近くのご自宅の冷蔵庫から冷たい缶コーヒーを差し入れしてくれた。
暫く談笑の後、お礼を言って出発すると、バックミラーには手を振る姿が見えた。

終わり良ければすべて良し。
何となくほっこりとした心持ちで帰路につく事が出来ました。





by pegasus007 | 2018-05-06 11:02 | Touring | Comments(0)