OWLの飼育箱 大きなバイクにカメラを積んで、小さな旅を楽しむブログです。

PCV+AUTOTUNE 試走 ~山道編~

前回、コネクターのチェックミスでCAN-busエラーが発生したRTですが
ディラーでETCとNAVIそしてAUTOTUNEの配線をやり直して問題は無事解決。
キットに標準でついてくるポジタップによる電源取りはやめて、リレーを介して配線。

期待していたスピード信号を取り出すのは諸事情により今回は見送り。
ブロ友さんから取り出し方法を教えてもらったので、後の楽しみということに。
※やりすぎると保障が効かなくなるので取付は自己責任です。

a0300829_20474171.jpg


また、今回はアールズギア社のローダウントルクロッドも導入。
ローダウン効果は足つきが若干良くなったくらいでしょうか。
むしろノーマルより2倍程度肉厚を増したことによるリアの剛性アップに驚いた。

a0300829_20471235.jpg
早る気持ちを抑えていつもの裏山へ。
タイトなコーナーが続く妙見山の峠道ではトルクロッドの効果がはっきり感じられる。
ノーマルだとリアホィールにしなりを感じるところでもカチッとしてブレを感じない。
リアサスの動きとタイヤの接地感が確実に上がり、コーナーの安定性は更に高くなったと思う。
自分的にはリアの剛性アップの方は高評価です。

a0300829_20463818.jpg


肝心のPCVの効果はというと…
スロットルポジションと回転数の制御+初期設定AFRのままなので
極端に急激なアクセル開度(ガバッと開ける)やエンブレを効かした後は燃調補正が追い付かずスナッチが出る。
少し設定を変えてもあまり変化がないので、やはりギヤポジション毎に細かく燃調を設定する必要がありそう。

a0300829_20481829.jpg

でも極端な操作をしない限りエンジンはこれまでの不安定さが嘘のように安定して回るので一先ず安心。
この仕様でも通常のツーリングでは満足できそう。

次は実際の高速道路と下道の組み合わせでじっくり調整してみようと思う。

更につづく。







Commented by samansa5103 at 2014-06-03 07:40
弄って体感できると止められませんね~?!
Commented by pegasus007 at 2014-06-04 21:52
GGさん、コメント有難うございます。

取り付けに苦労したけど、弄る楽しみが増えました。
何よりアクセルを開けて走行した後にエンジン回転が安定するのは嬉しいです。
by pegasus007 | 2014-06-02 07:56 | BMW R1200RT | Comments(2)