OWLの飼育箱 大きなバイクにカメラを積んで、小さな旅を楽しむブログです。

RTの入院 (T_T)

1週間後の白馬のツーリングを控えて、RTが緊急入院!

問題は前回のツーリングで気になった低回転時のエンジンのバラつき。
エンジンが冷えている状態では、アイドリングは安定しており問題はない。

しかし…エンジン温度がある程度まで昇温すると症状が出てくる。
そのまま乗り続けるとエンジンストールに至るので、大事を取ってディラーで診てもらうことにした。

ディラーのマイスターメカニックに状況を説明して症状を診てもらうと…マイスターの表情が冴えない。
結局、診断と修理の為にバイクを預けることになりました。

マイスターは金曜日までに修理を完了するように努力すると言ってくれたけれど
白馬に間に合うのか?心配です。

a0300829_21293621.jpg

早く帰ってこいよRT!
Commented by samansa5103 at 2013-08-19 04:27
少なく共原因が速く解ると良いですね!
Commented by むう at 2013-08-19 05:18 x
(~ヘ~;)ウーン、気になりますねぇ
なんだろ~
早く治って、白馬に間に合うよう、祈ってます
(*^-^)ニコ
Commented by pegasus007 at 2013-08-19 07:50
GGさん、おはようございます。
考えられる原因を一つ一つ確認していかなきゃいけないので
作業は大変みたいです。
今回はディラーのお盆休みと(1週間)と重なってしまったので対処が遅れてしまいました(涙)
24日のツーリングに間に合うことを祈っています。
Commented by pegasus007 at 2013-08-19 07:57
むうさん、コメント有難うございます。
2月に一年点検受けた後なので原因が解らず気持ち悪いです。
以前あき坊さんのGSもエンジンストールすると言っていたので
ツインカムエンジン特有の症状かも?と想像しています。
白馬に間に合うよう信じてますが、マイスターの顏が一瞬曇ったのが気になります。
Commented by あき坊 at 2013-08-23 09:19 x
呼ばれたような気がしてこのこのと出てきました。

ツインカムエンジンになってから僕と同じような症状のツインカム乗りは同じディーラーでも何名かいたらしいですよ。
本国ドイツでもある程度把握しているらしいのですが、リコールを出す程度ではないとかなんとか???
僕のGSも乗り初めにストールするのではなく、ある程度走ってエンジンが暖まった頃にストールしてました。
ディーラーに預ける事、約1か月ほど、大した原因は分からないまま戻って来ましたが、ストール病は頻度は減るものの時々症状が出てきました。
僕の場合手放してしまった訳ですので、その後の経過は分かりませんが、、、。
早く治るといいですね!
明日から白馬ですよね!
追伸:R1200RのSOHCボクサーはストール病なんて皆無の好調子。こんなにも違うのでしょうか?
Commented by pegasus007 at 2013-08-23 12:50
あき坊さん、コメントありがとうございます。

同じような症状だったんですね。
私のRTはエンジンが暖まるとアイドリング時にタコメーターの針が大きくふれて、失火するのですが、コンピュータにエラーは無いようで機関の異常も無さそうです。
サブコンを使ってプログラム補正も考えていましたが、当分は現状のままで様子見です。

走れない事はないので、このまま白馬に行くつもりです。
ありがとうございました!
by pegasus007 | 2013-08-18 21:36 | BMW R1200RT | Comments(6)