OWLの飼育箱 大きなバイクにカメラを積んで、小さな旅を楽しむブログです。

GSX 1300R HAYABUSA (2004)



2006年にZRX1200Rから乗換え。
説明の必要もありませんが、世界最速を謳ったバイクだけあって、アクセル一捻りで、異次元の世界にワープする怒涛のモンスターマシン。
風景が一気に溶けていく感覚を初めて知ったのはこのバイクでした。

2速まではラフなアクセル操作はNGで、振り落とされそうになったことも数回。(笑)
しかしその強大トルクをコントロールする感覚が体に馴染んでくると、GSX-Rの血統に恥じないコーナリング性能もあり、高速コーナーが続くターンパイク等では大パワーを生かした走りが楽しめるバイクでした。

しかし…
ノーマルサスの固さ、荒々しいエンジン特性そして前傾姿勢を強いるポジションは、体の疲労と体力の消耗が激しく、新たなバイクの楽しみを求めるきっかけになりました。
2009年に売却。(3年間の実走行は1.2万キロでした)

a0300829_2183639.jpg


a0300829_2192956.jpg


a0300829_22372151.jpg




フェラーリレッドにオールペンした車体は、赤ベコのような愛らしいフォルムで、高速道路のSAでは老若男女を問わず話しかけられるなど、けっこうな人気者でした。




by pegasus007 | 2006-07-01 20:49 | Previous Bikes | Comments(0)